株式会社ユニシアコミュニケーションズ

今すぐ連絡を取りたい方は tel.03-5755-5619 Tポイント加盟の資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ホーム > 集客サポートブログ > 立地 > 路面店のメリット・デメリット、知っておきたい路面物件の選び方
あなたのお店が繁盛店になる方法を無料で公開中。
セールスサポーターズはあなたのお店(小売店、飲食店、整体店、美容院など)の集客の仕組みづくりをサポートする無料のメルマガです。 日々の出来事やコンサルティングで感じた、繁盛店になるための集客の考え方をわかりやすくお届けします。 詳しくはこちら
立地2018.01.12

路面店のメリット・デメリット、知っておきたい路面物件の選び方

路面店のメリット・デメリット、路面物件と空中店舗の違い、物件のチェックポイント

お店の出店を検討するなら知っておきたい『路面店』という店舗形態。

路面店の意味とはなにか、路面店と空中店舗の集客力の違い、路面店のメリットとデメリット、路面店に向いている店舗、路面店で開業する上で気を付けるべきポイントなど、わかりやすくまとめました。

【参考記事】

路面店の意味は?どんな店舗?

路面店とは『通りに面した1階の店舗』のことで、通りから直接店内に入れるのが特徴です。

繁華街や人通りの多い路面店では、人の目に入りやすいことから、高い集客力を見込めます。

商業施設以外の建物の2階以上にある空中店舗や、地下にある地下店舗は、路面店と対照的に使われます。

路面店のメリット・デメリット、空中店舗との比較

路面店は集客力が高い判明、費用が高いなどのデメリットもあります。

ここでは、空中店舗・地下店舗との違いを比較しながら、路面店のメリット・デメリットを詳しく紹介していきます。

メリット デメリット
路面店 集客しやすい
ブランドイメージを訴求しやすい
宣伝効果が高い
営業時間の規制を受けにくい
賃料が高い
初期費用が高い
物件が出にくい
空中店舗

地下店舗

賃料が安い
初期費用が安い
集客しづらい
営業時間など、規制を受けやすい
視認性が低い
店内の様子がわかりづらい

路面店のメリット

  1. 集客力が高い
    空中店舗や地下店舗と比較して、お店の顔を通りに出しやすく、店舗入り口もわかりやすいため、集客力が見込めやすいのが特徴です。
    飲食業などでは、テイクアウト型の販売も行いやすくなります。
  2. お店のブランドイメージやこだわりを表現しやすい
    外観やサインだけでなく、屋外の飲食テーブルや植栽の設置など、店づくりの自由度が高いことから、お店のブランドイメージを表現しやすくなります。
  3. 宣伝効果が高い
    人通りの多い路面で出店することで、人の目に入りやすく、お店の宣伝効果が期待できます。
  4. 営業時間の規制を受けにくい
    空中店舗や地下店舗が共同の入り口を使用するのに対し、路面店は通りから直接店内に入れるため、営業時間の規制を受けにくいです。

路面店のデメリット

  1. コストが高い
    集客力が高い分、費用も高くなります。
    毎月の賃料だけでなく、保証金や不動産仲介業者への仲介手数料などの物件取得時の初期費用も大きくなってしまいます。
    外装に手を入れやすい反面、その分だけ外装費用も高くなります。
  2. 物件が出にくい
    人気のエリア、人通りの多い繁華街などでは、店舗用賃貸物件の取得が困難です。
    良い立地環境の路面店で出店したい場合、時間を要する可能性があります。

路面店と空中店舗・地下店舗の集客力の違い

路面店と空中店舗、地下店舗の集客力の違い

路面店は通りから直接入れることで、集客力は高くなります。
逆に空中店舗や地下店舗は、視認ができなかったり、心理的なハードルが上がるため、集客力は鈍くなります。

路面店の集客力を100とした場合、空中店舗や地下店舗の集客力はどの程度になるのか、表したのが上記の図になります。
2階では80、3階以上の階層では70以下、地下1階では80以下と言われています。

これらの数値は、物件の視認性、エレベーターやエスカレーターの有無、業態によって変わってきます。

いずれにしても、集客力と家賃のバランスを十分に考慮しながら、物件取得を検討するようにしましょう。

路面店で物件を探す・開業する場合の注意ポイント

路面店となる物件は、エリアや物件環境によって、集客などに大きな影響が出てしまいます。

物件を探す上で、気を付けるべき7つのポイントをまとめました。

  1. 路面の人通り
    東京丸の内のオフィス街にいくら多くの人が通行していても、そこに小学生をターゲットとした学習塾は成立しません。
    人通りがいかに多くても、ターゲット層が通行していなければ、意味がありません。
    ターゲットとする年代、性別、所得レベル、嗜好性の人々が、想定する営業時間に多く通行しているか・・・。
    路面店はエリア選び、立地選定が重要となります。
     、
  2. 間口の広さ
    お店となる物件の間口は、広いほど良いとされています。
    逆に間口が狭ければ、何のお店か判別できない可能性もあるため、注意が必要です。
    狭いことが、心理的に入りにくくさせる要因にもなることから、最低でも5m、できれば10mの間口はあったほうが良いでしょう。
  3. 建物の構造物による規制
    建物が道路から奥にセットバックされていたり、階段や柱が出入りの障害になるなどの構造になっていた場合、店舗への入りづらさから集客力に影響が出てしまいます。
    特に多いのが、路面と店舗物件の入り口の間に、大きな段差があるケース。
    コンビニは路面歩道との段差が1段でもあると、売上に大きな影響がでると言われています。
      、
  4. 放置自転車、ゴミ指定場所などの外的要因
    多くの放置自転車が慢性的に物件前に駐輪している場合、人の行き来を妨げるため、集客への影響が出てしまいます。
    物件前がゴミの集積所となっている場合は、営業時間前にゴミが回収されているか、チェックをしておきましょう。
     、
  5. サインや立て看板の規制
    建物イメージを重視する賃貸主によっては、サインや造作物、立て看板などの規制が強い場合があります。
    エリアによっても、店外への看板設置が認められないところもあるため、事前に確認しておきましょう。
      、
  6. 営業時間の規制
    夜間や早朝に商売をする可能性がある場合、物件契約前に営業時間の規制があるか、事前に確認しておきましょう。
     、
  7. 賃料の高さ
    路面店は集客力が高い分、賃料も高くなりがちです。
    物件によっては、賃料が2階や地下1階と比較して2倍以上するケースもあります。
    高い賃料に見合った売上が見込めない可能性も考慮して、慎重に判断するようにしましょう。

【参考記事】

いかに独立したお店のように演出できるか、が大事

路面店 イメージ

路面店はお店のブランドイメージやこだわりを外装で演出できます。
狭い間口だったとしても、いかにお店のイメージを演出できるかによって、宣伝効果も集客力も変わってきます。

写真の例では、マンションの1階にも関わらず、1軒の独立した店舗として演出することに成功しています。

路面店が向いている業態・路面店でなくてもよい業態

路面店でなくては失敗してしまう業態もあれば、空中店舗でも影響を受けにくい業態もあります。
例えばコンビニは路面店でなくては集客が見込めませんが、学習塾は階数に左右されません。

路面店が望ましい業態

  • 多くの客数が必要な業態
  • 日常性の高い商材やサービスを展開する業態
  • 子供やお年寄りまで幅広い客層をターゲットとするファミリー向け業態
  • ランチ需要など、時間がない客層をターゲットとする業態(立ち食い蕎麦、ラーメン屋)

 

路面店が必須の業態 路面店に向いている業態 路面店でなくてもよい業態
コンビニ
本屋
飲食店(カフェ等)
スーパー、ドラッグストア
携帯ショップ、雑貨屋
不動産仲介業
美容院
学習塾
マッサージ店、エステサロン
保険や結婚相談等のサービス業

※商業施設内の店舗を除く

さいごに・・・

一度出店を決めてしまったら、物件は後から変えることはできません。
どれだけ素敵なお店を出したとしても、物件が悪ければ集客できない可能性もあります。

大事な物件判断で失敗しないために、めぼしい物件が決まったら、専門家に調査を任せるのも有効な手です。

エリアマーケティングを使った数値的根拠のある商圏分析、ターゲットが集まる場所なのかを調べる動線調査、視認性調査など、詳しく調査をする業者を選ぶようにしましょう。

出店の大きな投資を無駄にしないためにも、しっかりとした物件選びを行うことをおすすめします。

どんな小さなお店でも
売上を残し利益を生みだす
重要な仕組みを
無料で公開しています。
購読はいつでも
ワンクリックで解除できます

ご入力いただいた情報は、SSLで暗号化され、送信されます。また、弊社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理致します。私たちも迷惑メールが大嫌いです。

月商500万円を目指す
飲食店、整体院、美容院、物販店などを
経営しているオーナー様へ

お金をかけずにリピーターを増やし売上を2倍にする方法があったら試してみたいと思いませんか? お金をかけずにリピーターを増やし売上を2倍にする方法があったら試してみたいと思いませんか?

売上がグングン伸びる集客方法を無料でお伝えします 売上がグングン伸びる集客方法を無料でお伝えします

さらに さらに

「繁盛店が当たり前に実践している3つの重要なポイント」をまとめたレポートをPDFにしてプレゼント! 「繁盛店が当たり前に実践している3つの重要なポイント」をまとめたレポートをPDFにしてプレゼント!

※ 迷惑メール対策をしている方は、こちらから送信するメールを受信できない場合がございます。 「ドメイン指定受信」等の制限を解除するか、「受信可能メール」として設定後にご登録ください。
個人情報の取り扱いにつきましては、 プライバシーポリシーをご確認いただき「同意」にチェックの上、下部のボタンをクリックしてください。

※ 迷惑メール対策をしている方は、こちらから送信するメールを受信できない場合がございます。 「ドメイン指定受信」等の制限を解除するか、「受信可能メール」として設定後にご登録ください。
個人情報の取り扱いにつきましては、 プライバシーポリシーをご確認いただき「同意」にチェックの上、下部のボタンをクリックしてください。

をご覧いただいた、あなたへお願いがあります

このブログを通してお伝えしている店舗集客の内容は、残念ながら大学や大手企業の研修で学べるものではありません。
多くのお店で必要としている集客のノウハウやスキルであるにも関わらず、そんな考え方があるということすら知る機会がないのです。

もし、今回の記事があなたの参考になったなら、ぜひ”いいね!”や”ツィート“ボタンをクリックして、『良い商品やサービスを提供しているのに、集客ができない…』と困っている方へ、情報をシェアしてください。