株式会社ユニシアコミュニケーションズ

今すぐ連絡を取りたい方は tel.03-5755-5619 Tポイント加盟の資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ホーム > 集客サポートブログ > 店舗マネジメントを改善したい > すぐ辞める・使えないバイトを雇わない!履歴書・面接で見抜くコツ
あなたのお店が繁盛店になる方法を無料で公開中。
セールスサポーターズはあなたのお店(小売店、飲食店、整体店、美容院など)の集客の仕組みづくりをサポートする無料のブログです。 日々の出来事やコンサルティングで感じた、繁盛店になるための集客の考え方をわかりやすくお届けします。 詳しくはこちら
店舗マネジメントを改善したい
2017.11.07

すぐ辞める・使えないバイトを雇わない!履歴書・面接で見抜くコツ

店長のアルバイト採用、履歴書のチェックポイント

アルバイトがすぐに辞めてしまう・・・。

パート・アルバイトの採用でお困りの店長・店舗オーナーは多いのではないでしょうか。

定着率が低い採用であっても、発生するコストや手間は、お店にとっては大きな負担です。

長続きするアルバイトを採用する上で、履歴書にある志望動機・学歴・写真、そして面接から、一発で見抜く方法を5分でわかるようにまとめました。

知っていますか?バイトの70%は1年以上もたない

アルバイト・パートの勤続期間 大学生アンケート
調査概要
調査対象:大学生
回答数:121人
調査期間:2016年10月25日〜26日
調査方法:店頭アンケート
株式会社ユニシア・コミュニケーションズ調べ

 

大学生のアルバイトに聞いたアンケートでは、1年以内に辞めてしまう割合が57.1%、実に2人に1人以上が1年もたない、という結果が出ています。

その背景としては、少子化による慢性的な若手労働力不足もあり、若者にとっては自分にとって都合が良いバイトを選べる環境にあることが、理由として上げられます。

バイトが長続きしないのが当たり前になっている時代です。
お店にとっては、辞めずに長続きするバイトを採用段階で見抜く技術がとても重要になってきています。

そもそも面接してはいけない ダメな履歴書8つの特徴

履歴書は、このお店で働きたい動機、意気込みをアピールするもの、といえます。

アルバイト採用面接時に手抜き感のある履歴書を用意してきた場合、その人の志望動機は低いものと評価できるため、採用は控えた方がよいでしょう。

また、一般マナーがない履歴書も、採用後にお客様とのコミュニケーションで問題が起きる可能性があるため、採用は控えることをおすすめします。

採用してはいけない履歴書の8つの特徴

  1.   文字が汚い・雑に書いている
      文字が上手でなくても、丁寧に書いていれば問題ない
  2.   二重線訂正や修正液・修正テープの使用が多い
  3.   誤字、脱字が多い・修正されていない
  4.   空欄が多い、情報量が少ない
  5.   写真がプリクラ・スナップ写真
  6.   鉛筆で書かれている
  7.   コピーされている
  8.   ありきたりな表現
      『雰囲気がいいから』『関心があるから』など、どこでも通用するような内容。

7、8は、履歴書自体が『使いまわし』されている可能性があります。
そもそも、そのお店をオンリーワンとして志望しているのではなく、そのお店で働きたい動機は希薄であるため、特に気を付けるべきです。

長続きする人を履歴書・面接で見抜くには

長続きする人は、仕事への意気込み、そして高いモチベーションがあります。
また与えられた仕事に対する耐久性も求められるでしょう。

長続きするための能力があるか、採用段階で履歴書で読み解くことが大事です。

志望動機から読み解く

志望動機からは、仕事に対する意欲・取り組み姿勢・継続性を『裏付ける情報』を探る必要があります。

なによりも『このお店で働きたい』という理由・動機が強いことが重要です。

お店に何度も通った経験があり、一緒に働きたいと思った、などの志望動機であった場合、そのお店が好きであり、雰囲気や仕事内容にも強い関心があることが読み解けます。
モチベーションが高いことが期待できる、といえるでしょう。

自分の経験やスキルを活かしたい、などの志望動機で、それらが同じ業種で得た内容の場合、業種との相性や継続性の高さだけでなく、即戦力である可能性もあります。

学歴から読み解く

学歴が良い場合、それだけ大変な受験勉強を重ねている経験があり、精神的にも耐久性がある、といえます。
また、クラス委員や部活動の部長など歴があると、集団から信頼を得た経験がある人物として評価できるでしょう。

しかし学生の場合には、卒業までの期間がそのままお店で働ける最長期間となるため、その点はお店として注意が必要です。

学歴に中退があるのは要注意

学歴に中退歴がある場合、嫌なことから避ける傾向がみられるため、仕事に負荷を感じた段階で辞めてしまうリスクについて、確認する必要があります。
中退理由が記載されている場合は、やむを得ない事情があったのか、確認するようにしましょう。

職歴から読み解く

前職の期間が長いことは、長続きする可能性が高いと判断できます。
さらに、前職でアルバイトリーダーなどを務めた経験があれば、責任感がある人物として期待できるでしょう。

また、前職が同じ業種であった場合、その人は対象業種との相性が良いことが読み解けます。
仕事には、業種ごとに特性があるものです。
同じ業種を選らんで来ているということは、その業種特性のある仕事内容に理解があり、何よりもその業種が好きだからこそ志望しているといえます。

ちなみに辞めた理由が記載されている場合は、やむを得ない事情があったのか、確認するようにしましょう。

職歴が多い、様々な業種の職歴は要注意

様々な業種の職歴を重ねている場合、飽きやすく、長く続かない体質である可能性があります。
特別な事情が無い限り、採用は避けた方がよいでしょう。

自宅や学校から読み解く

アルバイト辞めた理由、続ける理由、大学生アンケート

調査概要

調査対象:大学生
回答数 :121人(うち辞めた理由の回答者86人)
調査期間:2016年10月25日〜26日
調査方法:店頭アンケート
株式会社ユニシア・コミュニケーションズ調べ

 

バイトを続ける理由の1位は『勤務地が自宅・学校から近い』。
実に40.5%と圧倒的に多く、無視できない要件といえます。
バイトを辞めてしまう理由でも5位に『勤務地が自宅・学校から遠い』が入り、11.5%にもなります。

すなわち、お店と自宅・学校からの距離が近いことは、対象条件が満たされているため、長続きしやすい環境にあるということです。
逆に、お店が自宅や学校から遠い場合は、強い志望動機がある場合を除き、避けた方が無難といえるでしょう。

さいごに・・・

履歴書には、優秀で長続きする人物を採用する上で、重要なヒントがたくさん記載されていることがわかったかと思います。

履歴書は採用される側からすれば、『このお店で働きたい』とアピールをするツールです。
立場を変えて、店長や店舗オーナーにとっては、バイトが長続きする優秀な人物を見抜くためのマーティングツールといえます。

長続きするアルバイトは、お店にとって大きな価値になります。
ぜひこの記事にある方法を参考に、長続きするバイトの採用に役立ててもらえたら幸いです。

人気の記事

    • NO.

      飲食店の接客のコツ② オーダーから料理を提供するまでのマナー

    • NO.

      飲食店の接客のコツ① お客さま来店から席を案内するまでのマナー

    • NO.

      飲食店の接客用語集・失敗したくない敬語&正しい言葉遣いマニュアル

    • NO.

      領収書に印紙は貼らないとダメ?いくらから必要? お店の基礎知識

    • NO.

      飲食店の接客のコツ③ お会計からお見送りまでのマナー

西脇 紀克

株式会社ユニシア・コミュニケーションズ代表取締役。店舗の収益拡大に於いて、商圏、立地分析から集客まで一貫したサービスが最も重要なテーマと考え、2013年に独立起業し、株式会社ユニシア・コミュニケーションズを設立。それまでに培った理論と実践による効果実証済みのノウハウを活かし、店舗収益の改善を専門としたコンサルティングを展開。
地域密着型店舗に特化した『集客と収益アップの仕組みの構築』を得意とする。これまで100以上のクライアントに800以上の施策を実施、多くの店舗の収益改善を遂行、その成功率は2017年3月現在で96.3%を誇る。
Tポイントの代理店としても活躍、新規の加盟営業活動よりも、加盟後の集客や売上拡大を中心としたマーケティングコンサルティングを重視するスタンスで活動中。
2017年3月現在、わずか2年間で70店舗以上という脅威のスピードで加盟店舗数が拡大、現在も増え続けているが、実質解約はゼロという他に類を見ない実績を残している。
クライアントとは長期的な信頼関係を大切に築きながら、繁盛店になる仕組みを一緒に作り上げ、安定的な収益を提供することを信条としている。

Tポイント集客 新規加盟店募集中

誰でも1日でマスターできるカンタンな自動集客のシステムを
あなたのお店にも

Tポイントのシステムを活用したスグに誰でもカンタンにできる自動集客の仕組み。
集客からクーポン発券、顧客育成、店舗分析を自動化。
繁盛店になるための店舗経営を強力にサポートします。

Tポイント自動集客システムについて
もっと詳しく知りたい方はコチラをクリック
をご覧いただいた、あなたへお願いがあります

このブログを通してお伝えしている店舗集客の内容は、残念ながら大学や大手企業の研修で学べるものではありません。
多くのお店で必要としている集客のノウハウやスキルであるにも関わらず、そんな考え方があるということすら知る機会がないのです。

もし、今回の記事があなたの参考になったなら、ぜひ”いいね!”や”ツィート“ボタンをクリックして、『良い商品やサービスを提供しているのに、集客ができない…』と困っている方へ、情報をシェアしてください。