株式会社ユニシアコミュニケーションズ

今すぐ連絡を取りたい方は tel.03-5755-5619 Tポイント加盟の資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ホーム > 集客サポートブログ > 商圏分析を活かしたい > 近くのコンビニをちょっと見るだけで、お店の商圏がわかる方法
あなたのお店が繁盛店になる方法を無料で公開中。
セールスサポーターズはあなたのお店(小売店、飲食店、整体店、美容院など)の集客の仕組みづくりをサポートする無料のブログです。 日々の出来事やコンサルティングで感じた、繁盛店になるための集客の考え方をわかりやすくお届けします。 詳しくはこちら
商圏分析を活かしたい
2016.12.22

近くのコンビニをちょっと見るだけで、お店の商圏がわかる方法

From 西脇 紀克
セールスサポーターズ、今日のテーマは『コンビニを見るだけでお店の商圏がわかる方法』です。

しかし、急に寒くなってきましたね。
最近はもっぱら、コンビニのおでんがマイブームになっていて、よくコンビニを利用することが多いです。
ただ僕の場合、店内に入ると、職業病なのか、目的であるおでんよりも、まずコンビニのある部分を見て、そのお店の市場性を調べてしまうクセが付いてしまってます。
ある部分を少し見るだけで、そのお店の商圏がわかってしまう、実際に僕もよく実施する面白い調査方法なのですが。
今日は、そういった面白い商圏の調査方法についてお話していこうと思います。

商圏の何がわかるのか?

具体的に言うと、各業態の大手チェーン店の店内をちょっと見るだけで、多くの資料を調べて分析することもなく、その周辺の市場性がわかってしまう、というもの。
例えば、一人暮らしやディンクス世帯(若い共働き世帯)が多いエリアなのか。
生活に余裕がある、いわゆる可処分所得(自由に使えるお金)が多い裕福なエリアなのか。
商圏の市場性が、いろいろと見えてくる、とても便利な方法です。

コンビニひとつで得られる多くの情報

コンビニを例にとってお話します。
コンビニはいろいろな年代層やライフスタイルに合わせた商品を販売しています。
そんな中でも、僕が注目するのは”お弁当”です。
11時過ぎには、お昼のピークに合わせて多くの弁当が店頭に並びます。
そして、その弁当の在庫の中味や量で多くの情報が見えてくるんです。
例えば、平日お昼の在庫量が多ければ、近隣に勤めるサラリーマンやOLのランチ需要が高いことがわかります。
土日の在庫量が多ければ、一人暮らしやディンクス世帯が多いのだろう、とか。
弁当も、がっつり系やデカ盛り系の弁当の比率が多ければ、若い男性の利用が多いことが見えてきいます。
コンビニは、必要以上に在庫を持つと、余った際には廃棄処分することになります。
まさに商圏の市場、もっと言えば利用する見込み客の層にあった在庫を丁度良い量で仕入れているのです。
このように、大手企業が展開するお店の在庫内容、いわゆるマーチャンダイズの特性を見ることは、同じ商圏で出店しているお店にとっても、非常に参考になったりします。

他にもコンビニとクリーニング店が異常に多いエリアがあれば、
『若い一人暮らしやディンクス世帯が多いエリア』であることが見えてきますし、
小学生向けの子供塾が異常に多いエリアであれば
『小学生を抱える30~40代の夫婦が多い』ことが見えてきます。
また塾も中学受験向けの進学塾が多ければ、進学率が高いエリア、つまりお金に余裕のある可処分所得が高いエリアであることが予想できます。

あなたのお店の商圏の特性を知ることで得られるビックチャンス

このようにあなたのお店のまわりに、大手企業がどのような展開をしているのか、どのような業種のお店が多く出店しているのか、それを見るだけでもその商圏の市場特性が見えてくるものです。
小学生が多いことがわかれば、小学生のいる親をターゲットとするのも良し。
一人暮らしが多ければ、彼らがあなたのお店に気付いてもらう方法や商品メニューを考えるのも良し。
まずは、あなたのお店のまわりで、どんなことが起きているのか。
これらを意識するだけで、今まで気づかなかった商売の大きなヒント、大きなチャンスを見つけられるはずです。
試してみてください。

ここに、お店を繁盛させるヒントがあります。
あなたのお店は、必ず今よりも繁盛できます!

追伸
今日はコンビニを例にとってお話しましたが、実はスーパーから得られる情報も非常に多いんです。
また機会があれば、スーパーで見えてくる商圏の特徴もお話しようと思います。

人気の記事

    • NO.

      飲食店の接客のコツ② オーダーから料理を提供するまでのマナー

    • NO.

      飲食店の接客のコツ① お客さま来店から席を案内するまでのマナー

    • NO.

      飲食店の接客用語集・失敗したくない敬語&正しい言葉遣いマニュアル

    • NO.

      領収書に印紙は貼らないとダメ?いくらから必要? お店の基礎知識

    • NO.

      飲食店の接客のコツ③ お会計からお見送りまでのマナー

西脇 紀克

株式会社ユニシア・コミュニケーションズ代表取締役。店舗の収益拡大に於いて、商圏、立地分析から集客まで一貫したサービスが最も重要なテーマと考え、2013年に独立起業し、株式会社ユニシア・コミュニケーションズを設立。それまでに培った理論と実践による効果実証済みのノウハウを活かし、店舗収益の改善を専門としたコンサルティングを展開。
地域密着型店舗に特化した『集客と収益アップの仕組みの構築』を得意とする。これまで100以上のクライアントに800以上の施策を実施、多くの店舗の収益改善を遂行、その成功率は2017年3月現在で96.3%を誇る。
Tポイントの代理店としても活躍、新規の加盟営業活動よりも、加盟後の集客や売上拡大を中心としたマーケティングコンサルティングを重視するスタンスで活動中。
2017年3月現在、わずか2年間で70店舗以上という脅威のスピードで加盟店舗数が拡大、現在も増え続けているが、実質解約はゼロという他に類を見ない実績を残している。
クライアントとは長期的な信頼関係を大切に築きながら、繁盛店になる仕組みを一緒に作り上げ、安定的な収益を提供することを信条としている。

Tポイント集客 新規加盟店募集中

誰でも1日でマスターできるカンタンな自動集客のシステムを
あなたのお店にも

Tポイントのシステムを活用したスグに誰でもカンタンにできる自動集客の仕組み。
集客からクーポン発券、顧客育成、店舗分析を自動化。
繁盛店になるための店舗経営を強力にサポートします。

Tポイント自動集客システムについて
もっと詳しく知りたい方はコチラをクリック
をご覧いただいた、あなたへお願いがあります

このブログを通してお伝えしている店舗集客の内容は、残念ながら大学や大手企業の研修で学べるものではありません。
多くのお店で必要としている集客のノウハウやスキルであるにも関わらず、そんな考え方があるということすら知る機会がないのです。

もし、今回の記事があなたの参考になったなら、ぜひ”いいね!”や”ツィート“ボタンをクリックして、『良い商品やサービスを提供しているのに、集客ができない…』と困っている方へ、情報をシェアしてください。