株式会社ユニシアコミュニケーションズ

今すぐ連絡を取りたい方は tel.03-5755-5619 Tポイント加盟の資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ホーム > 集客サポートブログ > スマホ決済 > 【2019年版】お店におすすめのスマホ決済はこれだ!7社徹底比較
あなたのお店が繁盛店になる方法を無料で公開中。
セールスサポーターズはあなたのお店(小売店、飲食店、整体店、美容院など)の集客の仕組みづくりをサポートする無料のメルマガです。 日々の出来事やコンサルティングで感じた、繁盛店になるための集客の考え方をわかりやすくお届けします。 詳しくはこちら
スマホ決済2019.04.22

【2019年版】お店におすすめのスマホ決済はこれだ!7社徹底比較

お店の経営者でこれからスマホ決済の導入を検討されている方向けに、どのスマホ決済を導入すべきか、参考になるようにまとめました。

PayPayの『100億円あげちゃうキャンペーン』によって少しずつ認知されてきているスマホ決済は、消費者にお得と急速に普及しています。

しかし、名前は聞いたことはあるけど、どんなメリットがあるのか、どうやって使うのか、良くわからないといったお店の経営者も多いのではないでしょうか。

今回はスマホ決済の魅力について、特に大手7社のサービスを中心に、お店視点でわかりやすくご紹介します。

 

そもそも、スマホ決済とは?仕組みを解説

スマホ決済はモバイル決済、QRコード決済とも呼ばれ、その名の通りスマホを使った支払いサービスです。

支払いの受け取り方は2パターンあります。

 

端末にスマホをタッチするだけの【非接触IC決済】

SUICAやnanacoといったカードがスマホに変わったイメージです。

受け取り方はとっても簡単、お客様にレジ横のICがついた端末にスマホをかざしてもらうだけ。

Apple PayやGoogle Payなどがあり、導入店舗も多く、利用者にとってもお店にとっても簡単で手軽なサービスです。

 

一気に普及してきた【QRコード決済】

お客さんにスマホ決済の会社から受け取ったQRコードを読み取ってもらう方法とお店がお客さんのスマホに表示されるQRコードを読み取る方法の二パターンがあります。

 

お客さんが読みこむ型(MPM型)

Merchant Presented Modeの略でMPM型とも呼びます。

お客さんがお店に置いてあるQRコードを読み取る方は、

  1. お客さんにお店のQRコードを読み取ってもらう
  2. 金額を入力し、送る
  3. お店が確認する

といった作業が必要であるため、結構面倒くさいです。

時間がかかって、レジに行列ができることがよくあるそうです。

また、返金処理がとても大変で、パソコンなどから管理画面を開いて、返金しなくてはいけません。

手数料は無料のケースが多いですが、集客や従業員のオペレーションのことを考えると、こちらはあまりおススメできません。

多くのスマホ決済サービスが行っている決済手数料無料のキャンペーンはこちらを使った場合です。(今後、無料期間は終わると明言しています)

 

お店が読み取る型(CPM型)

一方、お店が読み取る型であるCPM(Consumer Presented Mode)はとても便利です。

キャッシュレス決済サービス専用の端末を購入することで、利用が開始できます。(現在は無料のケースが多いです)

手数料はかかりますが、支払いは、

  1. お店がお客さんが表示したQRコードを端末で読み取る

だけです。

簡単に決済ができ、お客さんもスムーズに会計ができ、きっと喜びます。

返金処理に関しても、お客さんが読み取る型と異なり、端末内で返金処理ができるため、とても簡単です。

決済手数料などの費用は発生するものの、集客や従業員のオペレーションのことを考えるのであれば、お店が読み取る型であるCPM型をおススメします。

 

スマホ決済の導入の流れ

スマホ決済の導入は、基本的に、

  1.  公式サイトで申し込み
  2.  登録した情報をもとに審査
  3.  審査通過後、カードリーダーが到着し、利用開始

といった流れです。

審査は当日~二週間ほどで終わり、基本的に2週間以内には利用開始できます(PayPayは混み合っていて、審査に一か月ほどかかります)。

申し込みや審査には契約者情報、店舗情報、口座情報の登録や登記簿謄本などが必要になります。

会社ごとや業種ごとに異なるので、詳しくは各社スマホ決済サービスの公式サイトで確認してみてください。

 

お店目線の4つのメリット

スマホ決済は、消費者にお得と急速に広まってきています。

しかし、お店にもメリットがたくさんあります。今回はお店側のメリットを4つお知らせします。

 

導入が簡単

先ほども話したように、最短当日で審査が通過し、すぐに使うことができます。

また、初期費用や月額の固定費用もかなり安価で無料のケースが多いです。

面倒くさい工事なども必要ありません。

スマホ決済は、クレジットとは違い、導入が簡単ですぐに利用開始ができます。

 

手数料が安い

スマホ決済最大の魅力の一つといって良いのが手数料の安さです。

クレジットカード決済の手数料は3~7%であるのに対し、スマホ決済の手数料は3%前後とかなり低いです。

しかも、今ならほとんどのサービスで手数料無料のキャンペーンを行っています。

お店の経営にとって、長く使うと膨れがってしまう手数料が安いのはかなりうれしいですよね。

 

入金が早い

クレジットカードは毎月1.2回の決まった日に入金されるケースが多いです。

ところが、スマホ決済なら最速翌日入金。

クレジットカードとは違い、入金までの資金のやり繰りを考える必要がなく、資金のやり繰りがとても楽です

ちなみに、楽天ペイは自動で翌日入金のためかなり便利です(楽天銀行の場合のみ)

 

増え続ける訪日観光客の対策ができる

日本への観光客は年々増え続けています。

特に中国人観光客が多く、全体の約1/4を占める850万人にあたります。

中国のスマホ決済比率は98%と、日本より数倍高く、スマホ決済サービスを導入しないと外国人観光客の消費をライバル店に奪われてしまいます。

言い換えると、スマホ決済サービスを導入することで、増え続ける訪日観光客の消費を取り込めます。

詳しくはこちら↓

 

スマホ決済のデメリット

デメリットは、当然ですが、決済手数料がかかることです。

現在、キャンペーン的に完全無料化しているPayPayやLINE Payも今後手数料無料は終わると言っています。

しかし、手数料が発生するデメリットよりも、集客やオペレーション削減のメリットの方が大きいです。

今後のキャッシュレス化を考えると、現金以外での取引は今後より増えてきます。

特に、実際にクレジット利用されているお店であれば、スマホ決済の導入はするべきでしょう。

 

おすすめのスマホ決済アプリ一覧

スマホ決済アプリは参入企業も多く、10社以上あります。

今回は特に人気な大手7社のサービスをご紹介します。

 

大規模なキャンペーンで話題の「PayPay」

  • 導入費用 → 無料
  • 決済手数料 → 無料(2021年9月末まで)
  • 入金のタイミング → 翌日(ジャパンネット銀行の場合)、それ以外の銀行は最短翌々営業日の入金

 

PayPayはYahoo!JAPANとソフトバンクが共同出資して展開したスマホ決済サービスです。

おススメの理由は3つあります。

  1.  導入費用、決済手数料、入金手数料がすべて無料で店舗側の負担が一切ない
  2. PayPayの大規模なキャンペーンもあり、話題性を利用した集客が可能
  3. 中国で人気なスマホ決済サービスALIPAYとも連携しており、中国人観光客の対策にもなる
    ※ALIPAYについては、下で詳しく説明しています。

 

PayPayの最大のメリットは導入費用、決済手数料、入金手数料がすべて無料で店舗側の負担がゼロであること(入金手数料無料はジャパンネット銀行に限る)です。

また、PayPayの大規模なキャンペーンもあり、利用者・導入者ともに増えていくことが予想され、今話題なPayPayのロゴを使うことがお店にとって良い宣伝になると思います。

さらに、PayPayの20%キャッシュバックを狙ってPayPay加盟店に買い物に行くお客さんも多いため、導入していないとお客さんを他に取られてしまうかもしれません。

中国で人気なALIPAYと連携しているため、年々増加する中国人観光客の対策になるのもメリットの一つです。

 

みんなが知っているLINEと連携した「LINE Pay」

  • 導入費用 → 無料
  • 決済手数料 → 無料(2021年7月末まで、以後通常2.45%~)
  • 入金のタイミング → 月末締め、翌月末支払い

 

今では皆が知っているコミュニケーションアプリのLINE。

そのLINEが出した決済サービスLINE Pay。おすすめの理由は4つあります。

  1. 導入費用、決済手数料、入金手数料がすべて無料で店舗側の負担が一切ない
  2. PayPayと同じく大規模なキャンペーンもあり、話題性を利用した集客が可能
  3. LINEを使って、購入してくれた人にお知らせを発信できる
  4. アジア圏の観光客を取り込める

 

PayPayと同じく導入費用、決済手数料、入金手数料がすべて無料と店舗側の負担はありません(手数料は決済手段によって異なる場合があります)。

また、国民の7割が使っているLINEが出した決済サービスであることや大規模なキャンペーンもあり、利用者・導入者は増えていくと予想されます。

LINE Payの話題性を利用した集客が可能です。

さらに、LINEを使って、LINE Payを使って購入してくれた人にお知らせを発信できるというメリットもあります。

購入者にLINEを使って配信すれば、何度も訪れてくれるかもしれません。

そして、LINE Pay利用者は台湾やタイなどアジア圏の利用者がとても多いので、外国人観光客対策にもなります。

しかし、入金サイクルは「月末締め、翌月末支払い」なので、やや遅め。

資金のやり繰りが気になるお店は、LINE Payの導入が難しいかもしれません。

 

楽天ユーザーを取り込める!楽天銀行と相性が良い「楽天ペイ」

  • 導入費用 → 無料
  • 決済手数料 → 3.24%or3.74%
  • 入金のタイミング → 翌日(楽天銀行のみ、他銀行の場合は翌営業日)

 

楽天が出した楽天Pay。

楽天銀行との相性は抜群です。おすすめの理由は3つあります。

  1. あらゆる決済サービスに対応している
  2. 楽天銀行の口座を開いている場合は、売上が翌日自動入金
  3.  数多くいる楽天ポイントユーザーの消費を取り込める

 

楽天ペイの最大の魅力はあらゆる決済方法に対応していることです。

楽天ペイ一つ導入するだけで、Suicaなどの電子マネー決済、VISA・JCBなどのクレジットカード決済だけでなく、Apple PayやGoogle Payなど新しい決済にも対応しています。

また、楽天銀行を利用している方は売り上げが翌日自動入金。資金のやり繰りがとても便利です。

さらに、楽天Payは決済時に0.5%の楽天ポイントバックが付きます。

数多くいる楽天ポイントユーザーは楽天Payが使えるお店を選ぶ可能性は高く、楽天ポイントユーザーの消費を取り込める可能性があります。

実際に楽天Payの導入後に売り上げが2.3倍になったというデータもあります。

 

ドコモユーザーを取り込める「d払い」

  • 導入費用 → 無料
  • 決済手数料 → 申し込み内容・情報に基づき総合的判断で決定
  • 入金のタイミング → 売上月の翌月2日締め、翌月25日

 

ドコモユーザーにおススメのd払い。おすすめの理由を2つ紹介します。

  1.  初期投資が無料
  2. 1500万人の利用者がいるドコモの携帯料金合算払いのお客さんを取り込める

 

d払いは導入費用が無料なので手軽に始められます。

また、月間1500万人の利用者がいるドコモの携帯料金合算払いに対応しています。

さらに、お客さんは決済金額に応じて0.5%分のdポイントが貯まるので、数多くいるドコモ会員のお客さんをとりこめる可能性があります。

しかし、入金のタイミングは遅めなので資金のやり繰りが気になる店舗は、d払いの導入が難しいかもしれません。

 

外国人観光客の対策になる「ORIGAMI Pay」

  • 導入費用→無料
  • 決済手数料→3.25%
  • 入金のタイミング→月末締め、翌月末払い

 

「オリガミで、半額」キャンペーンなど独自のキャンペーンで消費者に人気なORIGAMI Pay。

おすすめの理由を2つ紹介します。

  1.  初期投資が無料
  2. 中国で人気なスマホ決済サービスALIPAYとも連携しており、中国人観光客の対策にもなる
    ※ALIPAYについては、下で詳しく説明しています。

 

初期費用や固定費は一切かからず、費用は決済手数料3.25%のみ。手軽で簡単に利用ができます。

また、ALIPAYとの連携も可能で、中国人観光客の集客対策になります。

しかし、入金のタイミングは遅めなので資金のやり繰りが気になる店舗は、ORIGAMI Payの導入が難しいかもしれません。

 

インバウンド対策に強い「ALIPAY」と「WeChatPay」

  • 700万人に及ぶ中国人観光客の消費を取り込める

訪日観光客の1/4を占める中国人観光客、そのほとんどがALIPAYかWeChatPayのどちらかを使っているといってもいいでしょう。

ALIPAYかWeChatPayを導入することで年々増加する中国人観光客の消費を取り込むことができます。

中国の企業ということもあり、ALIPAYやWeChatPayと直接契約するのは難しいため、契約はPayPayやORIGAMI PayなどALIPAYやWeChatPayに対応したサービスを導入するのが基本です。

 

消費者側のメリット

消費者側のメリットも当然あります。

消費者側は負担ゼロでポイントバックなどお得な特典を手に入れることができます。

消費者側のメリット・デメリットや各社一覧、使い方などはこちら↓

 

まとめ

スマホ決済は、クレジットカードに比べて、初期費用・決済手数料ともに安く、おすすめの決済サービスです。

消費者とお店の両方にたくさんのメリットがあり、急速に利用者が増えていくでしょう。

あなたのライバル店は、お客さんを取り入れるべく、導入の準備を進めているかもしれません。

あなたもキャッシュレスの波に乗り遅れないためにお得で便利なスマホ決済をぜひお店に導入してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに・・・

多すぎて、結局どれを入れたらよいかわからないといった人も多いと思います。

最近は、PayPay、LINE Pay、楽天Pay、d払い、ALIPAY、WeChatPayといったさまざまなサービスが一台で使えちゃうものもあるのでおススメです!

詳しくはこちらをタップ↓↓↓

どんな小さなお店でも
売上を残し利益を生みだす
重要な仕組みを
無料で公開しています。
購読はいつでも
ワンクリックで解除できます

ご入力いただいた情報は、SSLで暗号化され、送信されます。また、弊社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理致します。私たちも迷惑メールが大嫌いです。

をご覧いただいた、あなたへお願いがあります

このブログを通してお伝えしている店舗集客の内容は、残念ながら大学や大手企業の研修で学べるものではありません。
多くのお店で必要としている集客のノウハウやスキルであるにも関わらず、そんな考え方があるということすら知る機会がないのです。

もし、今回の記事があなたの参考になったなら、ぜひ”いいね!”や”ツィート“ボタンをクリックして、『良い商品やサービスを提供しているのに、集客ができない…』と困っている方へ、情報をシェアしてください。