株式会社ユニシアコミュニケーションズ

今すぐ連絡を取りたい方は tel.03-5755-5619Tポイント加盟の資料請求はこちらお問い合わせはこちら
ホーム > 集客サポートブログ > スマホ決済 > 【2019年版】話題のQRコード決済のメリット・デメリットや導入すべき点を紹介
あなたのお店が繁盛店になる方法を無料で公開中。
セールスサポーターズはあなたのお店(小売店、飲食店、整体店、美容院など)の集客の仕組みづくりをサポートする無料のメルマガです。 日々の出来事やコンサルティングで感じた、繁盛店になるための集客の考え方をわかりやすくお届けします。 詳しくはこちら
スマホ決済2019.12.19

【2019年版】話題のQRコード決済のメリット・デメリットや導入すべき点を紹介

今何かと話題の『キャッシュレス決済』。

政府が推進する『キャッシュレス・消費者還元事業』によって、対象店舗でキャッシュレス決済すると5%還元されることから、今まで現金で決済されていた人もキャッシュレス決済を積極的に行っている状況です。

そのなかでも、特にキャッシュレス決済で加盟店舗を増やしているのが、『QRコード決済』。

しかし、周りのお店でQRコード決済を始めたからと自店でも導入を検討したいけど、「お得ってよく聞くけど何がお得何だろう」、「なんか危なそう」と不安に思っているお店も多いのではないでしょうか。

今回はお店の視点で、なぜQRコード決済が人気なのか、QRコード決済の魅力についてメリット・デメリットを踏まえながらご紹介します。

 

お得が盛りだくさん。お店目線のメリットを5つ紹介

QRコード決済がなぜ人気なのか、そのメリットを5つご紹介します。

 

導入が簡単

スマホ決済の導入は、基本的に、

  1. 公式サイトで申し込み
  2. 登録した情報をもとに審査
  3. 審査通過後、カードリーダーが到着し、利用開始

といった流れです。

審査は当日~二週間ほどで終わり、ほとんどのサービスが2週間以内には利用開始できます(PayPayは混み合っていて審査に1か月ほど、d払いは3ヶ月以上かかっています)。

これらの導入に関しても、初期導入費、月額固定費ともに無料のケースが多く、負担ゼロで利用開始できます。
※金融機関の手数料は除く

Wi-FI環境があれば使用できるため、工事も必要ありません。

 

手数料が安い

QRコード決済の一番の魅力はこれです。

現在、キャッシュレス決済を導入されてるお店も、高額な手数料に頭を抱えている方が多いのではないでしょうか。

他のキャッシュレス決済サービスであるクレジットカードの手数料は3~7%ですが、スマホ決済の手数料は3%前後と非常に安いです。

PaypayやLINE Payは端末代、月額固定費だけでなく、手数料も無料のため、お店側のコストが完全にゼロです。

長く使うと膨れあがってしまう手数料が安いのは、お店の経営にとって、とてもうれしいですよね。

 

入金が早い

クレジットカードは毎月1.2回の決まった日に入金されるケースが多いです。

ところが、QRコード決済なら最速翌日入金。

クレジットカードとは違い、入金までの資金のやり繰りを考える必要がなく、資金のやり繰りがとても楽です。

ちなみに、楽天ペイは自動で翌日入金のためかなり便利です(楽天銀行の場合のみ)

 

訪日観光客の対策ができる

日本のキャッシュレス決済比率は先進国の中でかなり低いところに位置しています。

そのため、本当に必要なの?みんな使ってなくない?と思われる方も多いと思います。

しかし、お隣の韓国や中国のキャッシュレス決済比率は9割を超え、国民のほとんどが利用していると言って良いでしょう。

キャッシュレス決済比率が高いアジア圏の観光客は全体の85%以上であり、

外国人観光客の消費をライバル店に奪われてしまわないように、外国人向けのQRコード決済であるALIPAY・WeChatPayの導入はおススメです。

実際に、観光庁の調査で、訪日外国人旅行者が不満に思ったところでは「クレジットと両替に関する不満」が4番目に挙がっています。

したがって、ALIPAY・WeChatPaYなどのQRコード決済サービスを導入することで、年々増加する訪日観光客の消費を取り込めます。

 

QRコード決済利用者の消費を取り込める

メルペイやPayPay、LINE Payが非定期で行っている還元キャンペーンにより、利用者が続々と増えています。

QRコード決済利用者は、お得な還元サービスを狙った利用者が多いです。

QRコード決済利用者は、独自の還元キャンペーン狙いでQRコード決済が使えるお店を選ぶ可能性が高く、QRコード決済利用客を取り込めます。

 

QRコード決済の2つのデメリット

QRコード決済の導入はメリットだけではありません。

デメリットも2つだけあります。

 

決済手数料がかかる

デメリットは、当然ですが、決済手数料がかかることです。

現在、キャンペーン的に決済手数料を完全無料化しているPayPayやLINE Payも今後手数料無料は終わると言っています。

しかし、手数料が発生するデメリットよりも、集客やオペレーション削減のメリットの方が大きいです。

また、他のキャッシュレス決済サービスに比べると、とても安いです。

今後のキャッシュレス化を考えると、現金以外での取引は、今後より増えてきます。

 

QRコード決済サービスの数が多すぎる

QRコード決済は、有名なものだけでも10社以上あります。

各社がそれぞれのQRコード決済用端末等を用意しているため、レジのスペースが端末だらけになってしまい、お店のオペレーションも複雑になってしまいます。

そのため、導入を検討されているお店は、各社のQRコード決済だけでなく、クレジットカード決済も一台でできるキャッシュレス決済サービスがおススメです。

▼今話題のQRコード決済、クレジットカード決済の主要ブランド全ての決済が1台にまとまったPAYGATE Stationをご紹介

https://unisiacom.co.jp/cashless/

まとめ

このように、QRコード決済は導入→利用→使用後といったすべての点で、スムーズかつ低コストで利用できます。

さらに、QRコード決済は外国人観光客の集客など集客のツールとしても使えます。

『キャッシュレス・消費者還元事業』によって高まっているキャッシュレス決済の波に乗り遅れないように、まだQRコード決済の導入が出来ていないお店はメリットが大きくデメリットが少ない今の時期に導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

どんな小さなお店でも
売上を残し利益を生みだす
重要な仕組みを
無料で公開しています。
購読はいつでも
ワンクリックで解除できます

ご入力いただいた情報は、SSLで暗号化され、送信されます。また、弊社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理致します。私たちも迷惑メールが大嫌いです。

月商500万円を目指す
飲食店、整体院、美容院、物販店などを
経営しているオーナー様へ

お金をかけずにリピーターを増やし売上を2倍にする方法があったら試してみたいと思いませんか?お金をかけずにリピーターを増やし売上を2倍にする方法があったら試してみたいと思いませんか?

売上がグングン伸びる集客方法を無料でお伝えします売上がグングン伸びる集客方法を無料でお伝えします

さらにさらに

「繁盛店が当たり前に実践している3つの重要なポイント」をまとめたレポートをPDFにしてプレゼント!「繁盛店が当たり前に実践している3つの重要なポイント」をまとめたレポートをPDFにしてプレゼント!

※ 迷惑メール対策をしている方は、こちらから送信するメールを受信できない場合がございます。 「ドメイン指定受信」等の制限を解除するか、「受信可能メール」として設定後にご登録ください。
個人情報の取り扱いにつきましては、 プライバシーポリシーをご確認いただき「同意する」にチェックの上、下部のボタンをクリックしてください。