株式会社ユニシアコミュニケーションズ

今すぐ連絡を取りたい方は tel.03-5755-5619Tポイント加盟の資料請求はこちらお問い合わせはこちら
ホーム > 集客サポートブログ > 初めてのデリバリーサービス事業で成功するための7つの方法
あなたのお店が繁盛店になる方法を無料で公開中。
セールスサポーターズはあなたのお店(小売店、飲食店、整体店、美容院など)の集客の仕組みづくりをサポートする無料のメルマガです。 日々の出来事やコンサルティングで感じた、繁盛店になるための集客の考え方をわかりやすくお届けします。 詳しくはこちら
もっとお客様を集めたい2020.04.17

初めてのデリバリーサービス事業で成功するための7つの方法

初めてのデリバリーサービス事業で成功するための7つの方法

新型コロナウイルス感染が拡大するなか、飲食店は客足が遠のき、さらに稼ぎづらい状況になってきました。
そんなコロナ禍の状況のなか、飲食店の売上を確保する上で、デリバリーサービスが注目されています。
とはいえ、デリバリーはお弁当をお客さんのところに運ぶだけ、という認識だとなかなか成功することは難しいです。

デリバリーをこれから始める個人店がデリバリーで失敗しないように、比較的リスクが低く成功させやすい戦略について紹介していきます。

【関連するこちらの記事もご参考ください】

デリバリーで注目されるには、顧客の選択とブランディング

まず、お客さんがデリバリーサービスを利用するシーンを想像してみてください。
外にランチを食べに行く時間がない。
弁当を買いに行くのも億劫だ。
今のコロナ渦だと、ウイルスに感染するリスクがあるから食べに行ったり、買いに行くのを控えている、という人も多いでしょう。

これらを踏まえ、デリバリー事業を始める上で、ターゲットがどのような状況で何に困っているのか、どんな提供方法だったら喜ばれるのか、を考えてみます。

  • 温かい食事を届けてくれることに価値を感じるのか
  • 仕事帰りの遅い時間まで営業していることに価値を感じるのか
  • 決まった時間に届けてくれることに価値を感じるのか
  • シニア向けの体にやさしい食材とメニューに価値を感じるのか
  • 色々なメニューの種類が用意されていることに価値を感じているのか
  • あなたのお店の押しメニューが食べられることに価値を感じているのか

とはいえ、お客さまにとってそれぞれ価値の比重が違ってくるはずです。

だったら、全てのターゲットに喜ばれるデリバリーサービスを提供すれば成功できるんじゃないか、と思うかもしれません。
しかし、この考え方だと大怪我してしまいます。

お店でも、中華も和食も洋食も全て揃う個人店よりも、ラーメン専門店やとんかつ専門店など、専門性の高いお店が支持されるように、デリバリーサービスも全てのニーズに答えようと総合的なメニューやサービスを用意しても、結局はどのターゲットにも刺さりません。

なので、お店がデリバリー事業を始める際にするべきことは

『このお店は○○の人に喜ばれるデリバリーサービスです、なぜなら・・・』

とターゲットとその求める価値を提供する専門性に特化して、それを他店との差別化として訴求することで、お客さんに注目してもらえるようになります。

顧客を選ぶ、そしてブランディング(コンセプト、押しメニュー等)、これらを組み合わせて訴求することが大事になってきます。

5分から10分で行ける距離で考える

デリバリーサービスにとって『時間』という概念は非常に重要です。

なるべく広範囲でやろうとしても、移動に関わる労力やコストが見合わなくなってしまいますし、注文状況によりお客さんに時間通り配達できないリスクも出てしまいます。

そのため、商圏としては広範囲で欲張らずに、5分から最大でも10分で配達できる範囲で考えて、そのエリアに集中的にチラシ等で訴求していく方が望ましいです。
逆に言えば、5分から10分で行ける範囲に十分な世帯数があることが、デリバリーサービスを始める上での絶対条件といえます。

1回の配達で単価が3000円以上とれるように設計する

配達コストを回収する上では、一定の単価がとれないと、商売にならなくなる恐れが出てきます。
実際に、大手のピザ配達チェーンや寿司配達チェーンのデリバリーメニューの単価もそのように設計されています。

とはいえ、個人のお店で単価3000円以上のデリバリーメニューを用意するのは難しいですよね。
だったら考え方を変えてみてください。

1品で単価3000円以上なのではなく、1回の取引で複数人分をまとめて一度に注文される仕様にしてみる。
つまり、1回取引の金額、1回の配達で同じ時間帯に複数の注文分をまとめて配達できる仕様にしてみる。

例えばオフィスへの法人や催事場への営業など、1回の配達で合計単価が取れる戦略は非常に有効ということです。

あなたのお店のこだわりメニューに特化する

デリバリーサービスの基本は、配達時間のリスクを考えて、お店の近隣の方をターゲットとすること。
それを言い換えると、あなたのお店のことを知っている人が多いということです。

その視点で考えると、その慣れ親しんだメニュー、ウリとなるメニューであることが大事になってきます。

逆に、中華店なのにとんかつ弁当など馴染みがないメニューだと、お店の知名度やコンセプトに慣れ親しんだ人には抵抗感を与えてしまいます。

こだわりメニューを映像化する

デリバリーサービスに限らず、飲食店の商品である料理は、写真受け、インスタ映えするメニューはウケが良くなります。

食べていくとご飯じゃなくて肉が余ってしまう“こぼれ豚丼”みたいに、肉が丼から溢れ出している感じなどをメニューの写真にして、それを弁当にしました、みたいなアプローチだと訴求力は高まります。

とにかく認知活動に力を入れる

デリバリーサービスを始めても、それが周囲に認知されない限り、注文は入りません。
そのため、とにかく認知活動には注力するべきです。
店内にはもちろん、法人への飛込み、商圏へのポスティングなど。

お店がSNSやメルマガなどをやっているのなら、デリバリーサービスを始めたことやどんなメニューなのかをそこで紹介していきましょう。
そこでは、メニューの美味しそうな写真や実際に調理している動画を紹介するのは必須です。

ポスティングのチラシにも一工夫

ポスティングもただチラシだと、その他一緒のチラシと一緒に捨てられてしまいます。
なので、チラシにも一工夫。

以前、パエリア専門店がポスティングをした際に、パエリアの形状で切り取った厚紙のチラシにして、表面はそのままパエリアの写真、裏面にメニュー表や地図連絡先などにしたら、非常に高い反応が得られました。

このように、思わず『なんだ?』と手に取ってしまう工夫が大事になってきます。

あと、デリバリーの注文が多いのは、マンションの上層階というデータもあります。
外に出るのが億劫な環境にある、ということを考えるとそこを訴求すれば反応は得られやすいですね。

 

世の中のイベントを活用する

デリバリーサービスはイベントと組み合わせることで、イベント消費をしやすく、相性がとてもよいとされています。

花見や節句など、人が集まったり、ハレの日消費が期待できるイベントがあったら、その1ヶ月から1ヶ月半前からチラシなどで認知させていく。
その際には、イベント限定感のあるメニューや季節限定メニューを用意し、それを打ち出していく。

また、事前予約でお得になる早割キャンペーンも同様に訴求していくことでお得感を打ち出し、注文数を確保していくことも合わせて行いたいですね。

リピーターを意識する

近隣の方を対象にする以上、その商圏内の方に何度も利用してもらいリピーター化していかないと商売として成立できなくなってきます。
そのため、デリバリー事業を継続成長させていく上で『リピーター化してもらえる仕組みの用意』は必須といえます。

例えば、利用された方には冷蔵庫に貼り付けるようなマグネット型の広告物を一緒にプレゼントし、そこには店名・連絡先・こだわりメニュー写真、そして詳細情報のあるサイトに誘導するためのQRコードを記載しておきます。
そうすることで、お客さまの急にデリバリーサービスを利用したい時、チラシがどこにあるのか探すことなく、マグネット広告をみて注文してくれるようになるわけです。

つまり、リピーターがデリバリーを利用したいと思うタイミングを逃さないような工夫が必要だ、ということです。

あとは、一度注文を受けたらその情報を登録して、次の注文があった際にあらためてお客さまの情報をヒアリングすることがないように、リピーターを意識した顧客管理の仕組みも大事になってきます。

さいごに・・・

収まる気配が見えない新型コロナウイルスの感染拡大の中、これからデリバリー事業を始めたい飲食店向けに、デリバリーサービスで失敗しないための戦略を紹介してきました。

デリバリーサービスがお店の売り上げアップにつながるだけでなく、デリバリーサービスの利用をきっかけに新規のお客さまがお店に来店することも期待できます。
デリバリー事業で売上が見込められれば、その後コロナ渦が回復したあとも、新たな収益源として経営を安定させてくれる要因にもなり得ます。

まだデリバリーサービスを始めていないのなら、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

【テイクアウトを検討している方に参考になる記事はこちら】

どんな小さなお店でも
売上を残し利益を生みだす
重要な仕組みを
無料で公開しています。
購読はいつでも
ワンクリックで解除できます

ご入力いただいた情報は、SSLで暗号化され、送信されます。また、弊社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理致します。私たちも迷惑メールが大嫌いです。

月商500万円を目指す
飲食店、整体院、美容院、物販店などを
経営しているオーナー様へ

お金をかけずにリピーターを増やし売上を2倍にする方法があったら試してみたいと思いませんか?お金をかけずにリピーターを増やし売上を2倍にする方法があったら試してみたいと思いませんか?

売上がグングン伸びる集客方法を無料でお伝えします売上がグングン伸びる集客方法を無料でお伝えします

さらにさらに

「繁盛店が当たり前に実践している3つの重要なポイント」をまとめたレポートをPDFにしてプレゼント!「繁盛店が当たり前に実践している3つの重要なポイント」をまとめたレポートをPDFにしてプレゼント!

※ 迷惑メール対策をしている方は、こちらから送信するメールを受信できない場合がございます。 「ドメイン指定受信」等の制限を解除するか、「受信可能メール」として設定後にご登録ください。
個人情報の取り扱いにつきましては、 プライバシーポリシーをご確認いただき「同意する」にチェックの上、下部のボタンをクリックしてください。