株式会社ユニシアコミュニケーションズ

今すぐ連絡を取りたい方は tel.03-5755-5619 Tポイント加盟の資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ホーム > 集客サポートブログ > 店舗マネジメントを改善したい > あなたは部下に頼られてはいけない
あなたのお店が繁盛店になる方法を無料で公開中。
セールスサポーターズはあなたのお店(小売店、飲食店、整体店、美容院など)の集客の仕組みづくりをサポートする無料のブログです。 日々の出来事やコンサルティングで感じた、繁盛店になるための集客の考え方をわかりやすくお届けします。 詳しくはこちら
店舗マネジメントを改善したい
2016.12.29

あなたは部下に頼られてはいけない

03

From 西脇 紀克
セールスサポーターズ、今日のテーマは『優秀な人ほどかかってしまう、マネジメントの病気の治療法』です。

『優秀な人材はたくさんいるのに、優秀なマネージャーが育たないのはなぜなんだ?』
先日、あるチェーン店企業から相談を受けた内容です。
なんでも幹部候補のマネージャーがお店の現場作業に追われてしまい、マネジメントという重要な仕事が出来ていない。
さらには、若い店舗スタッフがなかなか定着せずに、すぐに辞めてしまう。
僕はこのような症状を『エースで4番症候群』と言っていて、発生している事象も典型的なものだったりするので、特に驚きはありませんでした。

この病気の特徴として、プレイヤーとしては何でも一人でこなせてしまう、まさにエースで4番の働きができる、非常に優秀な人にしかなれません。
また、非常にまじめである一方、プレイヤーとして他の人よりも優秀であることを自覚していることも特徴にあげられます。
そして、他の人を『頼りにならない』、『自分でやったほうが早い』と思い、実際に自分一人で仕事をこなしてしまうのです。
実際にお店を立ち上げた段階では、このような人材は非常に強力な戦力になり、とても大活躍することでしょう。
しかし、お店や事業を拡大する次のステージに進んでいく上では、次第にそれが裏目に出てしまいます。
その具体的な問題点は大きく2つです。

一人のなんでもこなす優秀な人材に依存する問題

この病気にかかっている人は、真面目なだけでなく、自分の仕事に絶対的な自信があるため、人にまかせられません。
結果として、この優秀な一部の人材に依存することから、重要な仕事もすべて集中することになります。
つまりその人が休む、もしくは辞めてしまった場合、お店として成り立たなくなってしまう。
実際にそういった人は、いつしか抱えている仕事が自分のキャパシティに耐えられなくなり、辞めてしまうことも多いのです。
これはお店にとっても実に大きなリスクです。

連鎖する悲劇

そしてこの影響は病気にかかった人だけでなく、その部下にも大きな影響を与えます。
この病気にかかった人の部下は、知らないうちに指示されることに慣れてしまいます。
なぜなら、それが楽だからです。
いつしか考えることをしなくなってしまい、思考停止の状態に。
それが続くと、優秀な部下ほど、自分が成長していないことに苛立ち、モチベーションが落ちていき、そして辞めてしまうことになります。

処方箋はあるのか?

このような病気にかかった人は、自分だけでなく、まわりの人も不幸になり、しいてはお店が不幸になってしまいます。
お店のために一生懸命なことが、知らないうちに最悪のゴールに近づいてしまう悲劇。
この悲劇から回避するためにも、早急にこの病気を治す必要があります。

まずは、この病気にかかっていることを自覚させ、最悪の悲劇となる可能性について理解させること。
自分がしている仕事をリストアップし、自分がすべき仕事と部下がすべき仕事を整理すること。
その上で、部下に自由な権限と責任を持たせていく。
部下は、その対価として報告と相談は欠かさず行う、そんな環境づくり。
つまり、自分がいなくてもお店が勝手に成長する環境をつくることが、マネージャーの最大の仕事であることを理解させ、実践させることです。
部下が成功体験を得て、成長することがなによりも一番の喜びだと、心の変換をするということです。
エースで4番から、名監督へ。
部下への仕事に対する猜疑心が信頼に変わることで、すべては健康な状態に回復していきます。

人材マネジメントの本質

マネジメントという点で、非常に有名な言葉があります。
山本五十六という、日米開戦に最後まで反対していたといわれる元海軍大将の言葉です。

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。
話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

人は信頼されていると思えば、どんどんポテンシャルを引き出していくものです。
そんな信頼できるスタッフが増えることは、結果として自分の負荷が軽減され、本来の重要な仕事をするために必要な時間を生み出すことにつながります。

あなたは部下から頼られすぎてはいませんか?
もしそうなら、それは黄色信号。

ここに、お店を繁盛させるヒントがあります。
あなたのお店は、必ず今よりも繁盛できます!

人気の記事

    • 飲食店の接客のコツ② オーダーから料理を提供するまでのマナーNO.

      飲食店の接客のコツ② オーダーから料理を提供するまでのマナー

    • 飲食店の接客のコツ① お客さま来店から席を案内するまでのマナーNO.

      飲食店の接客のコツ① お客さま来店から席を案内するまでのマナー

    • 飲食店の接客用語集・失敗したくない敬語&正しい言葉遣いマニュアルNO.

      飲食店の接客用語集・失敗したくない敬語&正しい言葉遣いマニュアル

    • 飲食店の接客のコツ③ お会計からお見送りまでのマナーNO.

      飲食店の接客のコツ③ お会計からお見送りまでのマナー

    • 領収書に印紙は貼らないとダメ?いくらから必要? お店の基礎知識NO.

      領収書に印紙は貼らないとダメ?いくらから必要? お店の基礎知識

西脇 紀克

1995年カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社に入社、TSUTAYAの店舗出店戦略の立案、出店開発、Tポイントによるマーケティング事業に従事。

立地理論に基づいた戦略設計を得意とし、同社で初めて戦略出店ポイントを策定。戦略に基づいた出店開発と徹底した立地商圏分析により、7度の年間最多出店記録や売上不振による撤退ゼロなど、いまだに破られていない実績を残す。その後、Tポイントによるデータベースを活用したマーケティング提携プロジェクトに従事、数多くの上場企業との店舗集客を中心としたマーケティング提携に携わる。

店舗の収益拡大に於いて、商圏、立地分析から集客まで一貫したサービスが最も重要なテーマと考え、2013年に独立起業し、株式会社ユニシア・コミュニケーションズを設立。

それまでに培った理論と実践による効果実証済みのノウハウを活かし、店舗収益の改善を専門としたコンサルティングを展開。地域密着型店舗に特化した『集客と収益アップの仕組みの構築』を得意とする。これまで100以上のクライアントに800以上の施策を実施、多くの店舗の収益改善を遂行、その成功率は2017年3月現在で96.3%を誇る。

Tポイントの代理店としても活躍、新規の加盟営業活動よりも、加盟後の集客や売上拡大を中心としたマーケティングコンサルティングを重視するスタンスで活動中。2017年3月現在、わずか2年間で70店舗以上という脅威のスピードで加盟店舗数が拡大、現在も増え続けているが、実質解約はゼロという他に類を見ない実績を残している。

クライアントとは長期的な信頼関係を大切に築きながら、繁盛店になる仕組みを一緒に作り上げ、安定的な収益を提供することを信条としている。

Tポイント集客 新規加盟店募集中

誰でも1日でマスターできるカンタンな自動集客のシステムを
あなたのお店にも

Tポイントのシステムを活用したスグに誰でもカンタンにできる自動集客の仕組み。
集客からクーポン発券、顧客育成、店舗分析を自動化。
繁盛店になるための店舗経営を強力にサポートします。

Tポイント自動集客システムについて
もっと詳しく知りたい方はコチラをクリック
をご覧いただいた、あなたへお願いがあります

このブログを通してお伝えしている店舗集客の内容は、残念ながら大学や大手企業の研修で学べるものではありません。
多くのお店で必要としている集客のノウハウやスキルであるにも関わらず、そんな考え方があるということすら知る機会がないのです。

もし、今回の記事があなたの参考になったなら、ぜひ”いいね!”や”ツィート“ボタンをクリックして、『良い商品やサービスを提供しているのに、集客ができない…』と困っている方へ、情報をシェアしてください。