株式会社ユニシアコミュニケーションズ

今すぐ連絡を取りたい方は tel.03-5755-5619 Tポイント加盟の資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ホーム > 集客サポートブログ > 商圏分析を活かしたい > 周辺の大手チェーン店があなたのお店の商売繁盛のヒントに
あなたのお店が繁盛店になる方法を無料で公開中。
セールスサポーターズはあなたのお店(小売店、飲食店、整体店、美容院など)の集客の仕組みづくりをサポートする無料のブログです。 日々の出来事やコンサルティングで感じた、繁盛店になるための集客の考え方をわかりやすくお届けします。 詳しくはこちら
商圏分析を活かしたい
2017.02.13

周辺の大手チェーン店があなたのお店の商売繁盛のヒントに

From 西脇 紀克
セールスサポーターズ、今日のテーマは『大手チェーン店から商売繁盛のヒントを見つけ出す方法』です。

昨日、渋谷にある取引先へ外出した際のことです。
13時から打ち合わせなので、現地に早く到着し、お昼を食べてからゆっくりと取引先に向かうスケジュールが、電車の遅れで全て壊されてしまいました。

『大人なんだから我慢すれば』とのお叱りを受けそうですが、しかし僕はおなかが空いている状態では、仕事で満足できるパフォーマンスを提供することができない(苦笑)
そこで10分で食べられるお店を探そうと駅を出たら、すぐに見つかりました。
それは富士そば。

大盛りのざるそばのチケットを自販機で購入し、店員に差し出すとわずか1分程度で出てきました。
それを5分で平らげ、そこそこの味と素早さに満足し店を出たところ、すぐ近くにも富士そばが。
しかもよくみると、道を挟んだところにも富士そばが見える…。
さすがに気になり、富士そばについて調べてみることに。
すると面白い立地の判断基準をもっていることがわかりました。

富士そばが出店する際の立地基準

なんでも、お店を出店する際には
・昼夜で背広を着たサラリーマンの通行者が一定の人数がいること
・間口が3.5m以上あること
を物件評価としているようです。
つまり、おなかを空かせた、でも時間がないサラリーマンに、そこそこのお蕎麦をすぐに提供できることが彼らの売りであり、立地の基準もそれに一致するものでした。

一流の立地ってなに??

前の会社で店舗の物件開発をしていた際、
『立地はお店の売上げの80%を占める』
と言われてきました。

企業によって立地の重要度に多少の差はあるでしょうが、しかし成功の大半の要素を占めていることに違いはありません。
それだけ一流の立地で出店できることは、繁盛させるうえでのアドバンテージとなるということ。

では一流の立地って何?
池袋等の大きなターミナル駅の改札から出てすぐの物件?
それとも、普通自動車や商業車が多く通行する国道沿いの物件?

実は一流の立地というのは、
お店のターゲット、コンセプトによって全然異なってくるのです。

大手チェーン店を参考にする

大手チェーン店は、それまでの成功したノウハウをもって、繁盛できる立地と物件で出店するだけでなく、その商圏内で評価される商品を重視した仕入れをしています。
近くにどのような大手チェーン店が出店しているのか、その傾向を見ること。
また、それら店舗の商品構成の特徴を見ることで、商圏内の特性をチェックすることもできます。

例えば、中華料理のチェーン店である日高屋は、マクドナルドや吉野家が近くにあることを立地判断にしています。

あのマクドナルドや吉野家は徹底した市場調査と立地判断をして、繁盛する場所だと計算して出店をしているはず。
しかも毎日ハンバーガーや牛丼を食べる人などいない。
だからそこで中華の日高屋を出せば売れるはず、という理論です。
考え方としては、あながち間違ってません。

大手レンタルビデオチェーンのTSUTAYAでは、子供が多いエリアは必然的に子供用の商品の構成比は高くなります。
同じように、年寄りが多いエリアでは、時代劇ものや寅さんなどの商品の構成比が高くなる。
これらの考え方は、なにもTSUTAYAに限った話ではなく、大手チェーン店では当たり前のように行われている商品構成の考え方です。

周辺の大手チェーン店舗の出店環境や商品構成を知ることは、集客を見つめ直し大きなヒントになります。

結局、一流の立地とは…

一流の立地とは、自分のお店にとってターゲットとなるお客さんの層が、お店を利用したくなる時間帯に目の前に多く集まる場所のことを指します。
単に人が大勢いることが重要なのではなく、ターゲットが集まる場所ということが重要なのです。

スーパーの中にクリーニング屋や花屋が併設されている理由。
役所の近くに会計事務所が多い理由。
病院の近くに調剤薬局が多い理由。

いくら駅前で出店したとしても、ターゲットではない人がいくら集まったところで、意味はありません。
自分のお店にとってターゲットとなるお客さんの層が、お店を利用したくなる時間帯に目の前に多く集まる場所。
それは、大量の、かつ高品質のお客さんを連れてきてくれる、ということです。

今一度、あなたのお店の周辺にある大手チェーン店の客層や販売している商品やサービスの特徴を観察してみてください。

ここに、お店を繁盛させるヒントがあります。
あなたのお店は、必ず今よりも繁盛できます!

人気の記事

    • NO.

      飲食店の接客のコツ② オーダーから料理を提供するまでのマナー

    • NO.

      飲食店の接客のコツ① お客さま来店から席を案内するまでのマナー

    • NO.

      飲食店の接客用語集・失敗したくない敬語&正しい言葉遣いマニュアル

    • NO.

      領収書に印紙は貼らないとダメ?いくらから必要? お店の基礎知識

    • NO.

      飲食店の接客のコツ③ お会計からお見送りまでのマナー

西脇 紀克

株式会社ユニシア・コミュニケーションズ代表取締役。店舗の収益拡大に於いて、商圏、立地分析から集客まで一貫したサービスが最も重要なテーマと考え、2013年に独立起業し、株式会社ユニシア・コミュニケーションズを設立。それまでに培った理論と実践による効果実証済みのノウハウを活かし、店舗収益の改善を専門としたコンサルティングを展開。
地域密着型店舗に特化した『集客と収益アップの仕組みの構築』を得意とする。これまで100以上のクライアントに800以上の施策を実施、多くの店舗の収益改善を遂行、その成功率は2017年3月現在で96.3%を誇る。
Tポイントの代理店としても活躍、新規の加盟営業活動よりも、加盟後の集客や売上拡大を中心としたマーケティングコンサルティングを重視するスタンスで活動中。
2017年3月現在、わずか2年間で70店舗以上という脅威のスピードで加盟店舗数が拡大、現在も増え続けているが、実質解約はゼロという他に類を見ない実績を残している。
クライアントとは長期的な信頼関係を大切に築きながら、繁盛店になる仕組みを一緒に作り上げ、安定的な収益を提供することを信条としている。

Tポイント集客 新規加盟店募集中

誰でも1日でマスターできるカンタンな自動集客のシステムを
あなたのお店にも

Tポイントのシステムを活用したスグに誰でもカンタンにできる自動集客の仕組み。
集客からクーポン発券、顧客育成、店舗分析を自動化。
繁盛店になるための店舗経営を強力にサポートします。

Tポイント自動集客システムについて
もっと詳しく知りたい方はコチラをクリック
をご覧いただいた、あなたへお願いがあります

このブログを通してお伝えしている店舗集客の内容は、残念ながら大学や大手企業の研修で学べるものではありません。
多くのお店で必要としている集客のノウハウやスキルであるにも関わらず、そんな考え方があるということすら知る機会がないのです。

もし、今回の記事があなたの参考になったなら、ぜひ”いいね!”や”ツィート“ボタンをクリックして、『良い商品やサービスを提供しているのに、集客ができない…』と困っている方へ、情報をシェアしてください。